Interview人を知る

セキュリティマーケットデザイン営業部
T.H(2016年入社)

音響への興味をきっかけに
セキュリティ営業のプロへ

TOAへの入社を決めた動機は?

大学時代に趣味でバンド活動をしており、もともと音響には興味がありました。就職活動でさまざまな業種を比較検討する中、「好きなモノに携わりながら、社会に役立つ仕事がしたい」という軸で、B to Bのメーカーに絞って企業研究をしていました。そんな時にTOAを知り、ご縁があって内定を頂くことが出来ました。
入社後、営業として実際に仕事をしてみると、もともと興味のあった音響機器だけでなく、人の命を守る「非常放送」、学校や施設で流れる「業務放送」など多様な分野があることを知り、「音」に対する感じ方や捉え方が広がりました。それと同時にTOAのもう一つの柱である映像・セキュリティ分野も、仕事をしていく中で知識が深まり、興味を持つようになりました。

入社から現在までの職歴を教えてください。

入社後は金沢営業所に配属となり、2年目にセキュリティ分野に特化した部署の名古屋グループに異動しました。その2年後に同部署の大阪グループに配属となり、現在に至ります。短期間での転勤を経験しましたが、振り返ると色々な場所でさまざまな人と仕事に取り組めたことは、自分を大きく成長させてくれたと感じます。
具体的には、金沢での弱電・電設資材卸業者様へ放送・セキュリティ機器の幅広い拡販活動を通じて、TOAの営業としての基礎を学び、名古屋・大阪では大手警備会社様へ主に防犯カメラの拡販を通じて、セキュリティ分野により特化した営業経験を積んでおります。

現在の具体的な仕事内容は?

セキュリティ分野に特化した部署に所属し、エンドユーザーや代理店からの要望・課題のヒアリング、既存商品の強みや改善点の情報収集、次世代商品開発のアイデア出しなどのミッションを担っています。顧客の一番近くでTOAのセキュリティ事業を牽引する重要な部署だと自負しています。その中で私は、代理店との関係構築、商品勉強会やデモなどのPR活動、エンドユーザーへの要望ヒアリング・商談同行、機器提案のプランニング、システム設計や技術的な問い合わせ対応などが具体的な業務です。

幅広い業務に深く関われるのが、
TOAの営業の魅力。

印象に残っている仕事は?

入社1年目の金沢時代、福井県の国体開催に向けた体育館の改修工事に伴うスピーカーの納入業務が、初めての大型案件でした。国体開催時は名古屋に異動していましたが、当時の先輩から「無事にスピーカーが活躍していたよ」と聞き、嬉しかったのを覚えています。
最近では街頭防犯カメラの仕事が印象に残っています。交通事故の監視や自治会の防犯対策など、街中に設置する監視カメラのニーズはここ数年ますます増えています。街を歩くと自分が納入したカメラを見かけることもあり、社会の役に立っていると実感出来ます。

仕事のやりがいや面白味は何ですか?

お客様の課題のヒアリングから、納入による解決まで、全てに関われるのがTOAの営業の特徴だと思います。「営業は仕事を取ってくるだけ」という訳ではなく、エンドユーザーに対し、課題のヒアリングから、現場調査、プランニング、具体的な運用提案、納入まで、営業として全てに関わることができます。もちろん大変なこともありますが、困ったことや分からないことは技術スタッフや先輩営業、上司に聞くと優しく教えてくれます。苦労の末に納入できた時は「やり切った!」という大きな達成感がありますね。

TOAの企業価値を実現するために大切にしていることは?

まずは自分自身も社会の一部として元気に楽しく仕事することを大切にしています。それが一番近い存在である周囲の先輩や後輩、上司に対して良い影響を与え、一緒に仕事をする代理店、価値を提供するエンドユーザーが笑顔になれるような仕事に繋がっていくと信じています。

幅広い分野に精通した営業を目指す

将来のビジョンや描く目標は?

ネットワークを中心に、幅広い分野で技術的な知識に精通した営業になりたい、あり続けたいと思っています。 お客様の課題に対してより深いところまで踏み込んで提案するには、技術的な知識を始め、幅広い知見が必要だと日々営業をしていて感じます。現在でもネットワークカメラの提案等で専門知識は必要となりますが、今後社会の課題解決をAIやIoTが担う場面がさらに増えていき、それに伴ってネットワークの知識とは別の専門知識や、情報収集能力が必要となります。日々感度を高く持って様々な知識や情報を収集し、真にお客様や社会が抱えている課題を解決する提案をする営業になりたいと思っています。

あなたにとってTOAの魅力とは?

TOAの一番の魅力は「人」だと思います。当社の営業では、周囲にいる営業の先輩方はもちろん、エンジニアリングや開発、協力会社などの協力を得ながら様々な課題を乗り越えています。困った時に助け合う社風が当社にはあると日々感じています。私も、これまでの仕事で大変なことや、どうすれば良いか分からないことが数多くありましたが、その度に社内のさまざまな人たちが助けてくれました。先輩や上司に相談すれば、的確なアドバイスがもらえるので安心です。また、私は現在社員寮に住んでいるのですが、寮は開発社員が多く、寮で仲良くなった開発社員に仕事の相談をすることもあります。

今後TOAで実現したいことは?

将来的には、新しい代理店の開拓や、エンドユーザーとの繋がりを更に増やして、もっと多くの人にTOAを知ってもらいたいです。人脈を広げていくことで、今までTOAを知らなかった人たちに知ってもらい、広く社会の課題を解決出来るような仕事を増やしていきたいです。

ある日のスケジュール

※テレワーク勤務の場合

8:45 見積作成、提案資料の作成、問合せ対応
11:00 移動
12:00 昼休み
13:00 得意先訪問(2社ほど)
・案件の打ち合わせ
・進行中案件の確認
15:00 現場調査
・エンドユーザー(顧客)にヒアリング
・運用方法の確認実施
17:30 終業

Private

学生時代からの趣味であるバンド活動は今も続けており、社会人になって結成したバンドでドラムを担当。オリジナルの曲作りと、ライブ活動に励んでいます。やりがいのある趣味なのでこれからもずっと続けたいと思っています。あとは学生時代の友人との旅行や飲み会も良い気分転換になりますが、最近はあまりできないので、運動不足解消のためのランニングや、ネットワークの資格の勉強を頑張っています。

※所属や内容などは、インタビュー当時のものです。

page top